和食器・食器・陶磁器の通販ショップ なごみ〜皿・鉢・飯碗・ポット・急須・マグカップ・・・普段使いできるモダン和食器を販売します。

和食器 通販 なごみのホームページへ 商品 一覧トップページ 商品 一覧和食器 一覧 作家一覧作家一覧 お支払いお客様の声 お支払いお支払い・送料
お支払い商品入荷情報 お支払いお問い合わせ 作家一覧ご予約注文 作家一覧入荷予定品 買い物カゴの中買い物カゴの中

和食器の豆知識

このページでは簡単な和食器に関する用語を紹介しています。
下記の50音のボタンをクリックして下さい♪




あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行 は 行 ま 行 や 行

あ 行 top
赤絵
(あかえ)
赤青緑などの上絵具を用いて絵付けしたやきもの。色絵とも言う。
飴釉
(あめゆう)
鉄分が酸化焼成することによりあめ色に発色する釉。
糸底
(いとぞこ)
やきものの底をさす。
馬の目皿
(うまのめざら)
瀬戸地方で焼かれたもので、巻き状の馬の目が描かれている大皿や鉢。
織部焼き
(おりべやき)
桃山時代に美濃国(岐阜県)で茶人古田織部の指導で焼かれた
とわれる陶器です。また、緑釉を俗に織部釉と呼ぶ。
か 行 top
灰釉
(かいゆう)
はいゆうとも言う、植物を焼いた灰を媒溶剤とした釉。
片口
(かたくち)
片方に注口つけた鉢、取っ手はない、瀬戸や唐津に多い。
貫入
(かんにゅう)
釉面に現れたひび割れの事。
黄瀬戸
(きぜと)
桃山時代に美濃で志野、織部とともに焼かれた黄釉のやきもの。
高台
(こうだい)
器物の部分名称、茶碗や鉢、皿などの底についた台。
粉引
(こひき)
白化粧土の泥しょうに器物全体を浸して化粧掛けし透明釉を施して
白く見せる技法。
さ 行 top
自然釉
(しぜんゆう)
焼成中、無釉の器物に蒔きの灰などが降りかかり素地と溶け合って
淡い青緑色のガラス状となり、釉薬のような外観を呈するもの。
磁器
(じき)
石ものと呼ばれ、陶石に粘土類や長石などを混ぜたものを高温で
焼成したもの。吸水性が無く、有釉で、有田、瀬戸、清水、
九谷、砥部焼など。
志野
(しの)
美濃焼の一種で長石釉による柔らかい白肌が特徴。
青磁
(せいじ)
青みのがかった灰釉をかけた淡青色、淡緑色のやきもの。
染付
(そめつけ)
白い素地に酸化コバルトを含む青料で文様を描き、その上に
透明釉を掛けて焼成後、文様が藍色に現れたもの。
象嵌
(ぞうがん)
装飾技法の一つ。成形した素地が生乾きのとき線刻、面刻、
印刻などで凹文をつけそこに異色泥を埋め込む技法。
た 行 top
たたら皿
(たたらざら)
たたら作りで作られた板状の平たいお皿のこと。
土もの
(つちもの)
陶器のこと。素朴な風合いと原料に土を使っていることからこう呼ばれる。
鉄釉
(てつぐすり)
鉄を含有する釉の総称で、てつゆうとも言う、含有率が
10%前後のものに飴釉、柿釉、黒楽、瀬戸黒、そば釉、
天目釉などがあり黒もしくは褐色。
天目
(てんもく)
鉄質の黒釉がかかったやきもの。
陶器
(とうき)
吸水性のある粘土を使って器の形を作り、これを素焼き、下絵付け、
施釉の順に行って焼いたもの。
な 行 top
なます皿
(なますざら)
江戸時代、多くは古伊万里で作られた器の名前。
は 行 top
刷毛目
(はけめ)
陶器の装飾技法の一つ白化粧土を刷毛で胎土にさっと塗りつける手法。
刷毛目三島
(はけめみしま)
刷毛目の技法をほどこした三島手の器。器の表面に三島模様を彫り、
その上から白泥釉で刷毛目を表したもの。
ま 行 top
三島手
(みしまて)
朝鮮から伝わってきたやきものの技法。
向付
(むこうづけ)
懐石料理に使われる器のひとつ。
文様(もんよう) 陶磁器や漆器に描かれる意匠のこと。
や 行 top
焼締
(やきじめ)
器物に釉薬を掛けずに高温で焼き締めること。
釉薬
(ゆうやく)
陶磁器の表面を覆うガラス質の被膜のことで装飾や防水の目的で
施されるものるもの。




掲載写真・コラム等の著作権は【*なごみ*】に属します。
無断引用掲載はお断りします。



和食器 *なごみ* HOMEへ ご質問・お問合せ
*なごみ*
email: kurashi@utsuwa-nagomi.com