和食器・食器・陶磁器の通販ショップ なごみ〜皿・鉢・飯碗・ポット・急須・マグカップ・・・普段使いできるモダン和食器を販売します。

和食器 通販 なごみのホームページへ 商品 一覧トップページ 商品 一覧和食器 一覧 作家一覧作家一覧 お支払いお客様の声 お支払いお支払い・送料
お支払い商品入荷情報 お支払いお問い合わせ 作家一覧ご予約注文 作家一覧入荷予定品 買い物カゴの中買い物カゴの中

瀬戸・美濃の豆知識

このページでは瀬戸・美濃のやきものの歴史を紹介しています。

瀬戸の陶器の歴史 … 『せともの』の語源は何処からきたの?

美濃の陶器の歴史 … 美濃と瀬戸の関係はいつからなの?

伝統的な工芸 … 瀬戸・美濃で作っている技法の紹介




 瀬戸の陶器の歴史

よくやきもののことを東日本では、『瀬戸もの』といいますね。
これは、瀬戸のやきものがはじめて釉薬(ゆうやく)を使い、
やきものを扱いやすくした事が、やきものの総称のように『せともの』
とよばれる語源となっているのです。



『六古窯』(ろっこうよう)のうちで、瀬戸が常に第一に上げられますが、
これもある時期まで釉薬を使用したのが瀬戸だけだったからと伝えられています。
なんと、瀬戸の陶器には一千年にもおよぶ、やきものの歴史があるのです。
最初は、豊田・三好・東郷・長久手・日進・名古屋市東部の地域で、
奈良・平安時代に焼かれ、これが、『猿投古窯』(さなげこうよう)
と呼ばれています。



平安期も終わり、鎌倉期に入ると猿投窯は衰退します。 
陶工たちは、瀬戸地方へ移住しました。
その後、中国との交易が盛んになり、中国様式の
やきものの技術が直接に伝えられ、
灰釉(かいゆう)や飴釉(あめゆう)を施した、瓶子・水注・
四耳壺・仏花器・香炉などが作られるようになりました。
これが、先駆的な猿投古窯の瓷器(じき)の技術を基礎とした、
『瀬戸焼』のはじまりです。今では、それらが『古瀬戸』
と呼ばれています。



それからのやきものの歴史は、茶道の歴史とともに進んでいきます。 
茶人の『 村田珠光・武野紹鴎・千利休・古田織部・小堀遠州・金森宗』
らにより、瀬戸陶工の技術は育てられたと伝えられています。



桃山時代に入ると、瀬戸陶工は「土」と「薪」を求めて新天地
東濃地方へと移って行きますが、「瀬戸窯所」をつかさどる窯大将により、
瀬戸・赤津・品野・東濃の土岐・恵那・可児の六郡が、『瀬戸』として
統括されていたことが歴史に残っています。



そして幕末以降、加藤民吉を磁祖とする『染付』が新製焼と称して
瀬戸を代表するやきものに発展していきました。



 美濃の陶器の歴史

美濃(現在の岐阜県笠原町、多治見市、土岐市)では
桃山陶器の志野、瀬戸黒、黄瀬戸、織部
など茶器や食器が生まれました。それら美濃焼はもともと瀬戸焼の
一つの窯であったと考えられています。
それは、室町後期の十六世紀に瀬戸から陶工たちが美濃地
に移動したからです。



こうした経緯があったから中央では美濃の国で焼かれたやきものを瀬戸焼と
呼んでおり美濃焼の呼び名は生まれる事がなく瀬戸焼で通用していました。
そのことから今でも美濃焼の茶道具のなかに黄瀬戸とか
瀬戸黒とか瀬戸の名をとどめているのです。



また、もう一つは桃山陶器は江戸期に入ると生産されなくなり
御深井(おふけ)などと呼ばれるやきものに転換してことや
江戸後期に志野、織部などが瀬戸において復興されたことから
瀬戸のものと認識が残っていました。




しかし、荒川豊蔵が昭和五年に志野陶片を美濃で発見したのが、
契機となり桃山陶器が美濃で生産していた事が広く
知られるようになりました。




ちなみに美濃焼と言う窯名は江戸時代末期から
明治にかけて言われるようになりました。



 伝統的な工芸

古瀬戸(こぜと)…  鎌倉時代に生まれた鉄釉の一種

鉄釉(てつゆう)…  鎌倉時代灰釉とともに多く用いられた

黄瀬戸(きせと)…  桃山時代に生まれた鉄釉の一種

織部(おりべ)…  桃山時代茶人古田織部の好みによって生まれた

志野(しの)…  桃山時代日本で生まれた初の白いやきもの

灰釉(かいゆう)…  桃山時代日本で生まれた初の白いやきもの



掲載写真・コラム等の著作権は【*なごみ*】に属します。
無断引用掲載はお断りします。



和食器 通販 *なごみ* HOMEへ ご質問・お問合せ
*なごみ*
email: kurashi@utsuwa-nagomi.com