和食器・食器・陶磁器の通販ショップ なごみ〜皿・鉢・飯碗・ポット・急須・マグカップ・・・普段使いできるモダン和食器を販売します。

和食器 通販 なごみのホームページへ 商品 一覧トップページ 商品 一覧和食器 一覧 作家一覧作家一覧 お支払いお客様の声 お支払いお支払い・送料
お支払い商品入荷情報 お支払いお問い合わせ 作家一覧ご予約注文 作家一覧入荷予定品 買い物カゴの中買い物カゴの中

オススメの入荷商品一覧
炭化粉引 取り鉢
炭化粉引取り鉢
野口 淳 作
11月1日入荷

粉引 浅鉢
粉引 浅鉢
野口 淳 作
11月1日入荷

炭化粉引 飯碗
炭化粉引 飯碗
野口 淳 作
11月1日入荷

フリーカップ 炭化粉引
炭化粉引 カップ
野口 淳 作
11月1日入荷

粉引 平ゆのみ
粉引 平ゆのみ
野口 淳 作
11月1日入荷

落葉釉 なます鉢
落葉釉 なます鉢
田鶴浜守人 作
10月22日入荷

鉄刷毛目 6寸鉢
鉄刷毛目 6寸鉢
田鶴浜守人 作
10月22日入荷

枯黄釉 片口鉢
枯黄釉 片口鉢
田鶴浜守人 作
10月22日入荷

山砂釉 6寸浅鉢
掛け分け6寸浅鉢
田鶴浜守人 作
10月22日入荷



お手入れの仕方

はじめの簡単な一手間により、うつわはとても使い勝手がよくなります。

■ 高台の確認

うつわの高台のざらつきがないか、うつわを裏返して指で触れて
ご確認ください。高台のざらつきは食卓を傷つけます。
もし、高台がザラザラしていたら、目の細かいサンドペーパーか
砥石(といし)で丁寧にこすってなめらかにしておきます。
そしてぬるま湯で丹念に洗います。

シールやラベルのついているものははがしましょう。
はがしにくいときは、ぬるま湯の中にしばらく浸しておくとはがれます。
それでもはがれない時は、水気を拭いてドライヤーの温風を当て
てみてください。のりがとけてはがしやすくなります。

磁器の使い始め

磁器は熱めのお湯で充分に洗い流し、柔らかいスポンジなど
で軽くこすってください。この時、色絵や金彩などを傷つけない
ように気をつけます。
陶器の使い始め

焼締、粉引など、土ものといわれる陶器は、なべに入れて器がかくれる
くらいの水と米ぬかを入れて煮沸する。米のとき汁でもいいです。
これで器の焼を堅く締めることになる。また土肌の目が詰まるので
汚れがしみにくくなり、汁もれも防ぎます。
例外は低温度で焼かれた軟質陶器の楽焼。煮沸すると土目が
もろくなって傷みやすいので、薄めた台所用洗剤とスポンジで洗い、
よくすすいで乾かします。

陶器の使い始め
米ぬかを軽く一握り加えて弱火にかけ約30分間
煮沸。そのまま冷やして水でよく洗い、
充分に自然乾燥させてからします。
土ものに料理を盛る前に

土もののうつわは使いはじめに水にくぐらせ充分に水分を吸わせてから
使います。(特に焼締めの器などはよく水を吸わせてください)

また、料理を盛る前に水にくぐらせておきますと、驚くほど水を吸って
つやのある、料理映えのするうつわに変身します。
土ものに料理を盛る前に
容器に水を張って器を入れ、
使う前5分〜10分、ほど浸します。
洗い方と普段のお手入れ

使い終わったうつわは早めに洗ってください。陶器は磁器に比べ弱いので
付けおきをしない方が良いと思います。
また、食器洗い機は大変便利ですが、面倒でも手で洗うようにして下さい。
最後にちょっと熱めのお湯をかけます、曇らずにすっきりと乾き後が
楽です。土ものは充分に乾いてから拭いて下さい。これをしないと
カビがはえることがあります。
特に焼締のうつわには注意してください。


和食器 *なごみ* HOMEへ ご質問・お問合せ
和食器 *なごみ*
email: kurashi@utsuwa-nagomi.com